横浜で相続(遺産分割・遺留分)に強い弁護士をお探しの方は、伴法律事務所にご相談ください。桜木町駅4分、馬車道駅4分

横浜の弁護士による 遺産分割・相続トラブル相談

対面・オンライン初回相談 60分無料

電話受付:平日9時~19時 メール24時間 相談実施:平日10時~最終20時スタート

LINEでの
お問い合わせ

特別受益について

特別受益について

当事務所のQ&Aを検索する

昔の金銭贈与と特別受益の評価方法(特別受益と貨幣価値の変動…

 特別受益の評価の基準時は、相続開始時(死亡時)です。  そのため、金銭の贈与があるときで、贈与をしたときと相続開始時の貨幣価値に変動がある場合、これを考慮しなければなりません。  たとえば1960年の100万円と現在の100万円では、購買力が異なるので、昔に金銭の贈与があった場合、貨幣価値の変…
遺産分割について特別受益について遺留分についてその他

学費(大学、留学の費用)の支出は特別受益ですか?

A 学費の支出が扶養義務の範囲を超える贈与とみなされれば特別受益となります。   1 生計の資本としての贈与か、扶養義務の範囲内かが問題になる  高校卒業後の大学、留学などの学費の支出が特別受益にあたるかは、しばしば争われる争点です。  一般には、学費の支出が扶養義務の範囲内であれ…
遺産分割について特別受益について遺留分について

被相続人からの借金は特別受益になりますか?

A 原則として特別受益にはなりませんが、被相続人から債務の免除を受けたといえる事情がある場合、特別受益になる可能性があります。 1 特別受益とは  特別受益とは、被相続人から生前に、生計の資本としてなどとして贈与を受けている相続人がいる場合や被相続人から遺贈を受けた相続人がいる場合、贈与または遺…
遺産分割について特別受益について遺留分について

配偶者への居住用不動産の贈与と特別受益について(2019年…

A 婚姻期間が20年以上の配偶者に対し、居住用不動産(居住用の建物または敷地)を贈与または遺贈(遺言で財産を譲ること)した場合、被相続人が持戻し免除の意思を表示したものと推定されます。 1 特別受益とは  相続人の中で、生前に被相続人から①生計の資本として財産の贈与を受けた者がいる場合、また…
遺産分割について特別受益について

生命保険金(死亡保険金)の受領は特別受益になりますか?

A 原則として特別受益になりませんが、著しく不公平になる特段の事情があれば特別受益の規定(民法903条)が類推適用されて、特別受益として扱われます。 1 死亡保険金は遺産でない  受取人が指定されている死亡保険金は、被相続人の死亡によって、はじめて受取人が取得する受取人固有の権利です。被相続人が…
遺産分割について特別受益について遺留分についてその他

特別受益、寄与分の主張の期限(令和5年4月1日施行の法改正…

令和5年4月1日から、相続開始の時から10年を経過した後の遺産分割では、具体的相続分の主張ができなくなります。 相続開始の時とは、被相続人が死亡したときをいいます。すなわち被相続人の死亡時から10年を経過すると具体的相続分による主張ができなくなります。 具体的相続分とは、特別受益や寄与分を踏まえ…
遺産分割について特別受益について

持戻し免除の意思表示があった場合、どのように相続分を計算し…

A 被相続人が、特別受益の持戻し免除の意思表示をした場合には、特別受益を考慮せずに各相続人の相続額を計算します。 たとえば、Aが亡くなり、妻B、長男C、次男Dが法定相続人で、以下のような事情があったとします。   遺産総額は9000万円   Bに5000万円相当の財産を遺贈(遺言でBに財産を承…
遺産分割について特別受益について

Q 持戻し免除の意思表示はどのように行うのですか?

A 方法に限定はありません。自由な方法で意思表示することができます。 持戻し免除は、明示的または黙示的に意思表示をしていればよく、特定の方法でなければならないというものではありません(ただし、遺贈の持戻し免除の意思表示は、遺言によって意思表示しなければならないという説があります)。 たとえば、被…
遺産分割について特別受益について

Q 特別受益がある場合の相続分の計算と、贈与の期間制限につ…

1 特別受益と持戻し 相続人の中に、生前に被相続人から生活費などとして贈与を受けたり遺贈(遺言によって財産を無償で与えること)を受けた者がいる場合、これを「特別受益」と呼び、遺産に贈与の価格を足したものを相続財産とみなします。 そして、みなし相続財産を法定相続分に従って分割することになりますが、…
特別受益について

Q 相続人の1人が、生前に被相続人の土地を無償で使用してい…

たとえば父の土地に長男が建物を建築し、長年にわたり土地を無償で使用している場合、地代相当額の支払いを免れているので、長男が特別受益を受けていると考えることができそうです。 しかし、実務上、地代相当額について特別受益とは考えないのが一般です。 なぜなら、特別受益は遺産の前渡し分を考慮するものですが…
遺産分割について特別受益について遺留分について

解決事例検索

相続・遺産分割に関するご相談は
初回60分無料です。

まずはお気軽にお問合せください。

電話受付:平日9時~19時 メール24時間 相談実施:平日10時~最終20時スタート

伴法律事務所 桜木町駅4分、馬車道駅4分

60分
初回相談
無 料

お気軽にお電話ください

電話受付:平日9時~19時 メール24時間 相談実施:平日10時~最終20時スタート

相続の相談予約フォーム

LINEでのお問い合わせ

ホーム

メール

LINE

電話での相談予約タップで電話がかかります