Q 持戻しの免除とはなんですか?

A 被相続人が,持戻しをしなくてもよいという持戻免除の意思表示をした場合には,持戻しをしなくてもよいことになっています。
上記の例で妻Bへの遺贈,長男Cへの生前贈与について持戻し免除の意思表示があった場合,次のとおり具体的相続分が定まることになります。

妻B :(9000-5000)×1/2=2000万円 
このほかに遺贈で5000万円相当の遺産を取得
長男C:(9000-5000)×1/4=1000万円
長男D:(9000-5000)×1/4=1000万円

上記のとおり分割すると生前に3000万円の贈与を受けているCは合計で4000万円を取得できるのでまだよいのですが,Dは1000万円しか取得できません。Dはみなし相続財産の8分の1(1億2000万円×1/8=1500万円)の遺留分を持っているので,不足する500万円について,遺留分減殺請求権を行使することができます(多数説。反対説は遺留分を侵害する持戻しの免除は遺留分減殺請求権の行使がなくても無効だと考えます)。

相続・遺産分割に関するご相談は初回無料です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

045-227-2238 平日:9:00~19:00(土日応相談)

メール受付

ご相談の流れ

伴法律事務所 『桜木町駅5分、馬車道駅3分