Q 生前に財産を多くもらっていた相続人の相続分はどのようになりますか?

A 相続人の中に,生前に被相続人から生活費などとして贈与を受けたり遺贈(遺言によって財産を無償で与えること)を受けた者がいる場合,これを「特別受益」と呼び,遺産に贈与の価格を足したものを相続財産とみなします。そして,みなし相続財産を法定相続分に従って分割することになりますが,贈与や遺贈を受けた相続人の取得分は,その価額の分だけ減らされることになります(マイナスになってしまう場合は相続分は0となります)。このように特別受益を相続分算定の基礎に算入することを「特別受益の持戻し」といいます。

(計算例) 
Aが亡くなり、妻B、長男C、次男Dが相続することになった場合。
遺産は9000万円,Bは5000万円相当の財産の遺贈を,Cは住宅資金として3000万円の生前贈与を受けていた。

この場合のBCDの具体的相続額は次のとおりです。

みなし相続分 9000+3000=1億2000
※遺贈は相続財産の中に含まれているので加算しない。

妻B :(9000+3000)×1/2-5000=1000万円 
このほかに遺贈で5000万円相当の遺産を取得

長男C:(9000+3000)×1/4-3000=0円 相続分は0

長男D:(9000+3000)×1/4=3000万円

相続・遺産分割に関するご相談は初回無料です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

045-227-2238 平日:9:00~19:00(土日応相談)

メール受付

ご相談の流れ

伴法律事務所 『桜木町駅5分、馬車道駅3分