Q 相続人の1人が,被相続人の建物に無償で住んでいた場合,特別受益になりますか?(建物の無償使用と特別受益)

たとえば,次女が,父が所有する建物に長年にわたり無償で居住していたような場合,父の相続の際,長年支払いを免れていた賃料相当額が特別受益になると考えることもできそうです。
 
しかし,土地の無償使用の問題と同様に,実務上,賃料相当額を特別受益とは考えないのが一般です。
なぜなら,特別受益は遺産の前渡し分を考慮するものですが,建物を無償で使用させても遺産は減少しないので,遺産の前渡しとは言いがたいからです。
また建物使用の利益を遺産分割の際に持ち戻すのは通常の被相続人の意思に反するので,被相続人が黙示に,持ち戻し免除の意思表示をしていると認められることが多いという指摘もあります。
 
ただし,賃貸用アパートの1室を相続人の一人に無償で居住させる場合のように,無償使用がなければ被相続人が賃料収入が得られる見込みが高い場合は,被相続人の収入が減少しているため,特別受益が認めらる可能性があるという見解があります。
 

相続・遺産分割に関するご相談は初回無料です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

045-227-2238 平日:9:00~19:00(土日応相談)

メール受付

ご相談の流れ

伴法律事務所 『桜木町駅5分、馬車道駅3分