不動産(土地建物)の相続問題を抱えている方

このようなお悩みはありませんか?

1 不動産を他の相続人と共同で売却して代金を分配したい。

2 共同住宅(マンション、アパート等)が遺産に含まれていて、是非とも取得したい。

3 賃料収入がある土地や建物があるので、賃料の分配を受けたい。

4 遺産の中に市街化調整区域が含まれ、高すぎる(又は安すぎる)評価での分割を提案されている。

5 自宅不動産を取得したいけれど、多額の代償金を払いきれない。

6 不動産ではなく代償金を取得したいが、実家の跡取りとなった長男が代償金を払うだけの金銭を持っていない。

7 遺産の土地の境界が不明確で、遺産分割の進め方が分からない。

8 関係者に争いがある場合でも、不動産の売却を安心して依頼できる業者を紹介してほしい。

不動産(土地建物)が遺産に含まれる相続事件は、不動産に関する幅広い知識と特有のノウハウが必要です。
なぜなら、不動産が関係する相続では、①不動産をどのように評価するのか②土地をどのように分割(分筆)するのか③どのように登記手続(相続登記、表示登記、分筆登記等)を行うのか④取得する土地に建物を建築することができるか⑤不動産の売却をどのような手順で行うべきか⑥金銭を回収するため不動産にどのように担保権を設定するか⑦借地権をどのように処理するか、などが問題となることが多く、その処理のために不動産に関する専門的知識と経験が要求されるからです。
 
当事務所が扱う相続案件の多くは不動産が絡む案件です。また当事務所は不動産売買(共同売却を含む)の案件、借地・借家の案件、共有物分割の案件、不動産担保(抵当権、仮登記担保など)の設定・実行の案件、境界確定の案件、通行権に関する案件など、これまでに不動産に関する依頼を多数受けて解決してきました。したがって、相続と不動産が絡み合う案件は、当事務所が最も得意とするところです。
 
また、当事務所から頻繁に不動産の査定や売却を依頼している大手不動産会社がおり、当事務所と協力関係を築いています。争いがある難しい案件でも、協力関係にある不動産会社に査定や売却を依頼していただくことができます。
 
相続と不動産に強い弁護士をお捜しでしたら、ぜひ当事務所にご相談下さい。
 

不動産が関連する案件の解決事例

遺産分割

不動産に関する様々な制度を利用して解決した事例

代償金の額をめぐって紛争になった事例

交渉で特別受益の主張が認められた事例

代償金を分割で受領する遺産分割協議において支払を確実にするため抵当権を設定した事例

 

遺留分減殺請求

不動産を共有名義にしたうたうえで共同売却した事例

土地を分筆して売却し遺留分を支払った事例

遺留分として約2億万円を請求されていたものの約6000万円で和解をしたケース

▶▶ 遺産分割を依頼の方はこちら

▶▶ 遺留分の問題を依頼の方はこちら

 
弁護士に依頼するメリット

相続・遺産分割に関するご相談は初回無料です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

045-227-2238

電話受付:平日9:00~19:00

相談時間:平日10:00~22:00

メール受付

ご相談の流れ

伴法律事務所 『桜木町駅5分、馬車道駅3分