相続放棄

相続放棄

相続人は被相続人(亡くなったか)の財産だけでなく負債まで相続してしまいます。被相続人に借金があると,相続人がこれを引き継ぐことになるので,プラスの財産よりもマイナスの財産が多い場合,相続を放棄した方が賢明です。

相続を放棄すれば,はじめから相続人でなかったものとして扱われるので,財産を引き継ぐことができないかわり負債を引き継ぐこともないのです。

なお,相続放棄に似て非なるものに,取得分をゼロとする遺産分割の合意があります。たとえば,相続人の間で,遺産は全て長男が相続することを合意して協議書を作成し,遺産の名義も全て長男にしたとしたとします。この場合,他の相続人は取得分をゼロとする遺産分割協議を成立させただけであり,相続放棄をしたわけではないので,負債を相続してしまうことになります。

相続放棄の方法

相続放棄は,自分が相続人になったことを知った時から3か月以内(熟慮期間)被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申述しなければなりません。また必要に応じて,家庭裁判所に熟慮期間の伸長の申立をすることができます。

なお,上記の期間を過ぎてしまった場合でも,被相続人に多額の負債があることを知らなかった場合には,相続を放棄できる場合があります。詳しくはこちらをご覧下さい。

当事務所のサービス

当事務所がお客様に代わって相続放棄に必要な書類を揃えて,相続放棄申述の手続きを行います。相続放棄は郵送でも可能なので,全国どこの裁判所への相続放棄であっても弁護士費用は一律です。

第1順位の相続人が相続放棄をすると,次の順位の相続人が遺産を引き継ぐことになるので,次の順位の相続人も放棄をした方がよいというケースがほとんどです。このような場合,相続人の放棄をまとめて当事務所に依頼することができます。

安心,確実に相続放棄を行うために弁護士に依頼することをお勧めします。

相続放棄については、全国対応いたします。

相続放棄の弁護士費用

弁護士費用のページをご覧下さい。

相続・遺産分割に関するご相談は初回無料です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

045-227-2238 平日:9:00~19:00(土日応相談)

メール受付

ご相談の流れ

伴法律事務所 『桜木町駅5分、馬車道駅3分