Q 誰が相続人になりますか?

A 人が死亡すると,その亡くなった人(被相続人といいます)の権利義務が相続人に承継されます。
法律上相続人となる人を法定相続人といいます。
法定相続人は民法で次のとおり決まっています。

配偶者
配偶者は常に相続人となります。配偶者以外の人は,次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。 第1順位 子 実子も養子も子として平等に相続権があります。 子が既に死亡しているときは,さらにその子(被相続人の孫)が相続人となります。

第2順位 直系尊属(父母や祖父母など)
父母も祖父母もいるときは,死亡した人により近い世代である父母の方を優先します。第2順位の人は,第1順位の相続人がいないときにはじめて相続人になります。

第3順位 死亡した人の兄弟姉妹
兄弟姉妹が既に死亡しているときは,その人の子が相続人となります。 第3順位の人は,第1順位の人も第2順位の相続人もいないとき相続人になります。

相続・遺産分割に関するご相談は初回無料です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

045-227-2238 平日:9:00~19:00(土日応相談)

メール受付

ご相談の流れ

伴法律事務所 『桜木町駅5分、馬車道駅3分