Q 遺留分とはどのようなものですか?

遺留分とは,兄弟姉妹以外の法定相続人が最低限,相続することができる財産をいいます。たとえば,被相続人が遺言で財産を全て長男に相続させることとしても,次男や三男は,自分の遺留分を主張して,最低限度守られている取り分を要求することができます。

遺留分は,遺言で特定の相続人に財産を多く相続させた場合のほか,被相続人が生前に財産を贈与した結果,相続時に財産が少なくなってしまった場合にも主張できます。このように遺留分を侵害された者が,財産を多く取得した者に対し財産の移転を求めることを遺留分減殺請求といいます。

相続・遺産分割に関するご相談は初回無料です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

045-227-2238 平日:9:00~19:00(土日応相談)

メール受付

ご相談の流れ

伴法律事務所 『桜木町駅5分、馬車道駅3分