Q 限定承認とは何ですか?

法定相続人は,相続を放棄するのか承認するのかの選択の自由が与えられていますが,相続を承認する場合には,さらに「単純承認」と「限定承認」の何れかを選ぶことができます。
 

単純承認は,相続人が被相続人の権利義務を全面的に承継する場合です。マイナスの財産も引き継ぐので,被相続人に多額の借金があり,遺産からでは返済できない場合には,相続人の固有の財産も返済に充てなければなりません(もっともこのような場合は放棄をするべきですが)。単純承認はもっとも多い一般的な相続方法です。
 

これに対し,限定承認は,相続によって取得したプラスの財産の限度内でのみ,被相続人のマイナスの債務を負担するという制度です。被相続人が生前にどのような借金をしていたのか正確に分からない場合もありますし,もし他人の連帯保証をしていたときには,主たる債務者が弁済している間は請求が来ないので表面化しづらく,数年経ってから多額の負債が判明するということも考えられます。そこで,相続人が過大な債務を負担しなくても済むように限定承認の制度が設けられています。
 

相続・遺産分割に関するご相談は初回無料です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

045-227-2238 平日:9:00~19:00(土日応相談)

メール受付

ご相談の流れ

伴法律事務所 『桜木町駅5分、馬車道駅3分