会社経営者の相続事件 会社を経営していた夫が突然亡くなった事例

事案の内容

 会社経営者が突然亡くなり,奥様から相談を受けた事案です。奥様は会社の経営に全く関与しておらず,会社のことは何も分からない状態だったので,突然の社長の死に直面して困惑なさっていました。

 奥様が会社の経営を引き継ぐことは難しかったので,社員の1人があたらしい社長となり会社を経営していくことになりましたが,奥様の今後の生活を考える必要がありました。

 また亡くなった社長及び奥様が数千万円の会社の借金の連帯保証をしていたため,社長交代後に万が一会社の経営状況が悪化すると,奥様が連帯保証人として支払いを求められる可能性がありました。

 

当事務所の活動内容

 当事務所は,奥様の代理人として,社長交代後の会社と交渉をしました。

 当事務所は,会社の決算書などから財務状況を丹念に調査し,会社にとって無理がなく,かつ,亡くなった社長の功績に相当する妥当な金額が奥様に支払われるように解決案を提案し,交渉しました。

 また同時に金融機関や会社と協議をし,連帯保証の解除に向けて尽力しました。

 さらに,本件では亡くなった社長と奥様の間に子供がいたため,連帯保証の解除がうまく行かない場合に備えて子供には相続放棄の手続を行ってもらい,相続人を奥様に集中させたうえで交渉を進めました。最悪の事態となっても,お子さんが保証債務を負ってしまうことのないようにとの配慮からです。

 案件の処理を進める仮定では当事務所と提携している税理士と協議をし,相続税や所得税等の課税が生じることがないように配慮しました。

 

結果

 交渉が順調に進み,委任契約から約4か月で解決できました。

 お客様は死亡退職金として1000万円を超える金銭の支払いを受け,また,数千万円を超える連帯保証の完全な解除に成功しました。

 お客様は,自宅と金融資産を相続すると共に退職金を受領でき,また,連帯保証債務から解放されたことで安心して生活できるようになったと喜んで下さいました。

 

解決事例一覧

相続・遺産分割に関するご相談は初回無料です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

045-227-2238 平日:9:00~19:00(土日応相談)

メール受付

ご相談の流れ

伴法律事務所 『桜木町駅5分、馬車道駅3分