交渉で特別受益の主張が認められた事例

事案の内容

 不動産の遺産分割について,被相続人の子の1人が30年以上に渡り学費や生活費の援助を受けていたため,特別受益の持ち戻しが問題となりました。

 相談者は特別受益が認められる相続人に対し,代償金を支払い,不動産を取得することを希望していましたが,当人同士では話し合いが進まず,当事務所に相談にいらっしゃいました。 

 なお,このケースでは相続人の一部が海外に居住していたため,分割協議書の作成や不動産登記手続の進め方に工夫が必要でした。

 

当事務所の活動内容

 相談者から依頼を受けて代理人となり,特別受益を受けている相続人と交渉することになりました。交渉をはじめる前にお客様と何回も打ち合わせを重ね,30年以上にわたる特別受益の詳細な計算書を作成しました。また,特別受益を裏付けるための通帳,領収書,ノートなどの資料も可能な限り整理しました。

 そして特別受益のある相続人に対し,作成した計算書を示して,当方から支払う代償金の額を提案をしました。

 

結果

 特別受益を受けた相続人は,当事務所の提案を受け入れ,遺産分割協議が成立しました。結局,特別受益を受けた相続人に対しては,法定相続分(4分の1)で計算した代償金の約60%を支払うことで,お客様は不動産を取得することができました。

 海外に居住する相続人がいたこともあり,手続にやや時間がかかりましたが,それでもご依頼から解決までの期間は約6か月でした。

 遺産分割に関する紛争は調停の申立をしなくても,丁寧な説明資料を作り,説得力のある説明をすれば,相手の理解が得られ早期に解決できる場合があります。

 

解決事例一覧

相続・遺産分割に関するご相談は初回無料です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

045-227-2238 平日:9:00~19:00(土日応相談)

メール受付

ご相談の流れ

伴法律事務所 『桜木町駅5分、馬車道駅3分