弁護士紹介

ご挨拶

伴法律事務所は2004年の事務所開設以来、多数の相続案件についてご依頼を受け解決して参りました。相続分野に力を入れてきた当事務所ならではの経験、知識を生かし、お客様に良質で迅速な法的サービスを提供いたします。

事務所の理念

本当に必要なサービスの提案

お客様にご満足いただける本当のサービスは何かという点を常に追求しています。お客様が当初予定していた方針と異なるやり方をする方がお客様の利益になるという場合が多々あります。単に聞かれたことに答える、依頼されたことを処理するというのではなく、総合的にお客様のご希望を考慮して戦略を立て、お客様にとって最良のサービスを提案できるように心がけています。

迅速な処理

いくら処理が丁寧であっても、迅速でなければサービスの価値は半減します。刻々と変化する状況に素早く対応できなければ、よい結果は生まれません。弁護士の業務はスピードが命だと考え、迅速性にこだわった案件処理をしています。たとえば、内容用証明郵便の発送であれば、通常、初回の相談を受けながらパソコンで文書を完成させ、その日のうちに発送しています。

説明の分かりやすさ

説明のわかりやすさは弁護士の重要な能力だと考えています。

弁護士の処理方針についての考えが十分に理解できなければ、お客様は安心して任せることができず、信頼関係を築くことが難しくなります。また、お客様は時にはリスクを伴う重要な決断をしなければなりませんが、その時に状況を十分に把握していなければ、正確な判断を下すことができません。また、説明が分かりやすいということは、それだけ弁護士も本質を深く理解しているということであり、事件の相手方や裁判官を説得するためにも説明の明確さが必要になります。

このような考えのもと、当事務所では専門用語の使用はできるだけ控え、お客様に十分にご理解いただけるように、かみ砕いた丁寧な説明を心がけています。

親しみやすさ

当事務所では、お客様の視点に立って、親切、丁寧な対応を心がけておりますが、それだけではなく、弁護士、事務職員が、お客様にとって話しやすく頼みやすい人間であるように日々努力をしています。案件に取り組むとき、お客様からできるだけ多くの情報を得なければなりません。お客様が、「こんなことを聞いてよいのだろうか」「こんなこと言ってよいのだろうか」などと考えずに、気軽に弁護士や職員と話ができるという人間関係が、よりよい解決のためにとても大切だと知っているからです。

 

※当事務所に事件処理を依頼したお客様の感想はこちらをご覧ください

 

弁護士 伴 広樹(バン ヒロキ)の紹介

伴先生①.JPG

1 経歴

 
1974年3月生 神奈川県厚木市出身
1997年10月 司法試験合格
1998年4月  最高裁判所司法研修所入所(第52期)
2000年3月  司法修習終了
2000年4月   弁護士登録 立川・山本法律事務所(現 立川・及川法律事務所)入所
2004年10月  伴法律事務所開設
 

2 著書

 
「お葬式の後にすること」(2015年9月 法研)(共著)
  

3 所属・活動

 
・神奈川スタディグループメンバー(2004年~)
・神奈川大学非常勤講師(2009年9月~2016年3月)
・明治大学リバティアカデミー(市民講座)講師(2015年~2016年)
・横浜弁護士会(現神奈川県弁護士会)常議員(2009年4月~2010年3月)
・日本弁護士連合会弁護士業務妨害対策委員会委員(2008年5月~2012年4月)
・横浜弁護士会(現神奈川県弁護士会)弁護士業務妨害対策委員会委員長(2012年4月~2015年3月)
・社会福祉法人白鳳会第三者委員会委員(2012年2月~)
・中小企業・ベンチャービジネスコンソーシアム会員(人事労務部会所属)(2014年~)
・一般社団法人神奈川健康生きがいづくりアドバイザー協議会神奈川健生成年後見センター運営委員会委員(2015年8月~)
・東神奈川とさき治療院倫理審査委員会委員(2017年4月~)
・セミナー講師としての活動 川崎市役所、東京地方税理士会保土ヶ谷支部、神奈川県宅地建物取引業協会横浜中央支部、神奈川青年司法書士協議会など各種団体におけるセミナー講師を担当
 

4 趣味

 
ランニング(2019NAHAマラソン完走)、ゴルフ、ドライブ、旅行(ヨーロッパ、アジアなど)
 

5 お客様へ

 
弁護士に依頼なさるお客様はいろいろな不安を抱えている方が多いと思います。「よい結果になるのだろうか?」「弁護士はきちんと動いてくれるのだろうか?」など様々なことを考え、安心して過ごせない方もおられることと存じます。
私は、そのようなお客様の不安を一つずつ取り除いていけるように、地道に信頼を重ねていくことのできる事件処理を心がけています。それは難しい案件で軽々に「勝てる」などと言ってお客様を安心させるような安易な方法ではありません。
 
私が大切にしているのは、①お客様の期待に沿う徹底した調査、②お客様が納得できる提案力、そして、③お客様が安心して任せられる確実かつ迅速な処理です。難しい法的問題への解決の過程では、調査、選択、実行を繰り返すことになります。これらが適切に遂行されていると感じることで、はじめてお客様は弁護士に依頼していることの安心感を持つことができます。
そのためには弁護士は一つ一つの的確な業務を積み重ねていかなければならず、これは決してたやすいことはでありません。
 
しかし、お客様が依頼して良かったと心から感じていただくために絶対に必要なことです。
依頼した当初よりも案件の処理が進むほど、弁護士とお客様の信頼関係が強くなりお客様の心の負担がやわらいでいく、そんな事件処理が本当の意味でのプロの法律家の仕事だと考えています。
 
まだまだ至らない点はございますが、理想を求めて日々精進しておりますので、お気づきの点があればご遠慮なくご指摘いただけると幸いです。

弁護士 清水 茂(シミズ シゲル)の紹介

清水先生①.JPG

1 経歴

 
1986年8月生 東京都立川市出身
2005年3月   東京都立国分寺高校卒業
2009年3月   中央大学法学部法律学科卒業
2011年3月   明治大学法科大学院修了
2011年9月   司法試験合格
2011年11月  最高裁判所司法研修所入所(第65期)
2012年12月   司法修習終了
2013年1月   伴法律事務所入所
  

2 活動・所属

 
・神奈川県弁護士会法律相談センター運営委員会委員
・日弁連交通事故相談センター神奈川県支部支部委員会委員
・神奈川県弁護士会広報委員会委員
・神奈川研弁護士会財政制度委員会委員
・刑事弁護フォーラム会員
 

3 趣味

 
旅行、将棋、漫画(3月のライオン、キングダムなど)、バスケットボール
 

4 お客様へ

 
私は、学生時代に金銭トラブルに巻き込まれた苦い経験から、人が社会生活で抱えるトラブルを解決するプロになりたいとの思いを抱き、弁護士を目指しました。
弊所に入所後、遺産相続、離婚、交通事故、債務整理、破産、労働などの身近な法的トラブルから、法人同士の訴訟案件まで様々な問題の解決を経験しました。
 
慣れない法的トラブルに巻き込まれること自体がご相談者の大きなストレスになります。ご相談者がお一人で問題を抱え込んでしまうと良い解決には至りません。
また、インターネットなどで調べた断片的な知識のみで対応しようとしても、後で取り返しのつかないことにもなりかねません。
 
私たちは法律の専門家として、ご相談者の抱えるトラブルを適切かつ速やかに解決すべく日々研鑽を積んでおります。
お悩みをお聞かせいただければ、私たちがご相談者の立場に立ち、責任をもって対応致します。まずはお気軽にご相談いただければ幸いです。
 

5 事件処理方針

 
遺産相続問題は、親族を相手にしなければならないケースが多く、感情的になりやすいこともあり、ご相談者の精神的負担が非常に大きい問題です。
また、法制度が整備されておらず、実務上の解釈が分かれる問題も多く存在する分野ですので、身近に感じても奥が深い問題です。
 
このような問題にご相談者が独りで対応しようとすれば、取り返しのつかない事態に陥るリスクがあります。
私たちは、ご相談者のお悩みを丁寧にお伺いしたうえ、ご相談者のお立場に立って、最適な解決方法をアドバイス致します。
相続に関して少しでもお悩みがある場合、まずはお気軽にご相談ください。
 
 

弁護士 中山 智木(ナカヤマ トシキ)の紹介

中山先生①.JPG

1 経歴

 
1986年8月生 東京都小平市出身
2015年9月  司法試験合格
2015年11月  最高裁判所司法研修所入所(第69期)
2016年12月  司法修習終了
2017年    伴法律事務所入所
 

2 趣味

 
フットサル、スポーツ観戦(サッカー、野球など)
 

3 お客様へ

 
私は小さい頃、弁護士とは違う夢を追いかけていました。しかし、大学・法科大学院で法律を学んでいく中で、自ら考え問題を解決できる弁護士という職業に興味を抱くようになりました。
人の一生の中で、弁護士と出会う機会というのはそう多くないはずです。そんな中、今まさに弁護士に依頼する必要がある人というのは、何か重大な問題に直面をしており、
平穏な日常とは程遠い日々を過ごしているものだと思います。重大な問題に直面をした当事者は、いつものような冷静な判断ができず、
解決策を模索してもうまくいかないケースがほとんどなのではないでしょうか。
 
こうした様々な法的トラブルに対応するために、我々は日々研鑽を積んでおりますので、どうぞお気軽にご相談ください。
一日でも早く平穏な日々を取り戻すことができるように誠心誠意、全力で取組む所存です。
 

4 事件処理方針

 
相続において、親族間の争いは思いの他多く生じます。例えば、特定の相続人に財産を全て相続させる遺言書の存在や、生前に贈与を受けていた事実、
遺産分割において言われるがまま署名・押印をした事実、等があるだけで、親族間同士互いに不信感が募り、話し合いもろくにできない状態になることも多いです。
 
このような身近なトラブルに事前に対応するためのアドバイスや、実際に親族間で争いが起きた場合の解決方針について等、
依頼者様それぞれの状況に合わせ対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

弁護士 村尾 信(ムラオ シン)の紹介

IMG_5573.jpg

1 経歴

 
1990年2月生
2008年 愛知県立天白高等学校卒業
2014年 上智大学法学部法律学科卒業
2018年 中央大学法科大学院修了
2019年 司法試験合格
2019年 最高裁判所司法研修所入所(第73期)
2020年 司法修習終了
2021年 伴法律事務所入所

2 趣味

読書(小説)、バスケットボール
弁護士に依頼するメリット

相続・遺産分割に関するご相談は初回無料です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

045-227-2238

電話受付:平日9:00~19:00

相談時間:平日10:00~22:00

メール受付

ご相談の流れ

伴法律事務所 『桜木町駅5分、馬車道駅3分

この記事の執筆者

伴先生①.JPG

弁護士 伴 広樹

経歴

神奈川県厚木市出身。1997年司法試験合格後、2000年に司法修習を修了(52期)し、弁護士登録。横浜市内の法律事務所に勤務後、2004年に伴法律事務所を開設。年間170件の相続の法律相談に対応しており、相続問題の解決実績も200件を超える。
弁護士業務では①お客様の期待に沿う徹底した調査,②お客様が納得できる提案力,③お客様が安心して任せられる確実かつ迅速な処理の3つを心がけており、実際に業務に対しての評価も高い。

活動・公務など

・神奈川大学非常勤講師(2009年9月~2016年3月)
・明治大学リバティアカデミー(市民講座)講師(2015年~2016年)
・横浜弁護士会(現神奈川県弁護士会)常議員(2009年4月~2010年3月)
・一般社団法人神奈川健康生きがいづくりアドバイザー協議会神奈川健生成年後見センター運営委員会委員(2015年8月~)
・セミナー講師としての活動 川崎市役所,東京地方税理士会保土ヶ谷支部,神奈川県宅地建物取引業協会横浜中央支部,神奈川青年司法書士協議会など各種団体におけるセミナー講師を担当