横浜で相続・遺産分割の相談をしたい方は、伴法律事務所にご相談ください。桜木町駅4分、馬車道駅4分

横浜の弁護士による 遺産分割・相続トラブル相談

対面・オンライン初回相談 60分無料

電話受付:平日9時~19時 メール24時間 相談実施:平日10時~最終20時スタート

LINEでの
お問い合わせ

その他

長年疎遠だった親の遺留分請求をし、約5か月で解決した事例

当事務所に依頼する前の状況 お客様に対し、親戚から長年疎遠だったお母様が亡くなったことの連絡がありました。お母様は全財産をお母様の親戚に相続させる遺言を作成していました。 お客様は遺留分を請求したいと考えましたが、お母様の財産の状況が全く分からず、また、財産を相続する親戚とも疎遠だったため、…
争点相続人との関係性預金・金融資産遺留分遺言無効その他相続財産遺留分に関する事例

公正証書遺言の無効と多額の使途不明金を主張し、相手の提示額…

当事務所に依頼する前の状況  お客様の祖父が亡くなり、相続人は孫であるお客様と被相続人の子らでした。公正証書遺言があり、その内容は財産を子の一人に全て相続させるというものでした。財産を取得した子は、遺留分として300万円を支払うと提案していたものの、お客様は金額が低いことに納得できず当事務所に相談…
預金・金融資産遺言無効兄弟(姉妹)その他実家など(土地、建物)遺留分に関する事例

代償金請求 次々に法的手続を行い、代償金の全額回収に成功し…

事案の内容   遺産分割協議の結果、ご相談者は、不動産を取得した相続人から代償金を受け取ることになっていたのですが、その支払いがなされませんでした。代償金の一部はただちに強制執行をすることができる文書(家庭裁判所の調停調書)があり、一部については強制執行をすることができる文書がありませんでした。…
遺産分割その他実家など(土地、建物)遺産分割に関する事例

遺留分減殺請求 不動産を共有名義にしたうたうえで共同売却し…

事案の内容   法定相続人2人のうち1人に全財産を相続させるという内容の遺言があったケースで、もう1人の法定相続人から遺留分(4分の1)について相談を受けました。遺産として不動産があることははっきりしていましたが、預貯金などの金融資産の状況はわかりませんでした。ご相談者は、遺留分権利者としての正当…
遺留分その他収益不動産(アパート・マンション)遺留分に関する事例

会社経営者の相続事件 会社を経営していた夫が突然亡くなった…

事案の内容  会社経営者が突然亡くなり、奥様から相談を受けた事案です。奥様は会社の経営に全く関与しておらず、会社のことは何も分からない状態だったので、突然の社長の死に直面して困惑なさっていました。  奥様が会社の経営を引き継ぐことは難しかったので、社員の1人があたらしい社長となり会社を経営してい…
非上場株式遺産分割相続手続き相続放棄その他預金・金融資産会社経営者の相続事件事例

遺留分請求を断念させた事例

成年後見人となっている弁護士から700万円以上の遺留分減殺請求を受けていた方から依頼を受けました。 判例や学説を調査し、依頼者への遺留分減殺請求は認められないことを確認したうえで、意見書と共にこれを裏付ける資料を弁護士に送付しました。 その結果、弁護士は誤りを認めて遺留分減殺請求を取り下げました…
遺留分その他その他遺留分に関する事例

不在者財産管理人を選任した事例

被相続人の奥様と子供達が遺産である不動産の売却を希望していたものの、子の一人が行方不明になっており遺産分割協議ができない事案で、奥様を代理して不在者財産管理人の選任の申立を行いました。家庭裁判所は、当方が推薦した奥様の知人を財産管理人に選任しました。 そのうえで財産管理人を交えて遺産分割協議書を作…
遺産分割兄弟(姉妹)親子間その他実家など(土地、建物)遺産分割に関する事例

熟慮期間を延長し、債務減額の交渉をして相続した事例

突然奥様がお亡くなりになったお客様から依頼を受け、相続債務の調査を行うとともに、相続の承認・放棄の熟慮期間の延長を家庭裁判所に申請して認められました。 その後、債務が確定したため、相続の放棄はしないこととし、債務の弁済を行いました。この際、利息の高い業者については、利息制限法の利率に引き直し計算を…
争点相続人との関係性相続手続き相続放棄その他その他相続放棄に関する事例相続債務調査に関する事例

借地権の相続をし、地主と共同で売却して代金を分配した事例

借地上に建物を所有していた方の相続人から依頼を受け、単純承認、放棄、限定承認のどれがよいか判断するため、相続債務の調査を行うとともに、地主と協議をして建物がどれくらいの金額で処分できそうか検討しました。 調査のため時間が必要だったので、相続放棄の熟慮期間の伸長を裁判所に申請して認められました。 …
その他相続放棄その他その他争点相続債務調査に関する事例

死亡から1年3か月後に相続放棄の申述をした事例

亡くなった母の負債を相続しないようにするため、亡くなってから1年3か月後に相続放棄の申述を行い認められました。 死亡を知ってから3か月以上経過している事案でしたが、それでもなお放棄が許されるべきだという事情を丁寧に説明する書類を作成した結果、裁判所が了承し、相続放棄が認められました。 …
相続人との関係性相続手続き相続放棄その他親子間その他争点相続放棄に関する事例

解決事例検索

相続・遺産分割に関するご相談は
初回60分無料です。

まずはお気軽にお問合せください。

電話受付:平日9時~19時 メール24時間 相談実施:平日10時~最終20時スタート

伴法律事務所 桜木町駅4分、馬車道駅4分

60分
初回相談
無 料

お気軽にお電話ください

電話受付:平日9時~19時 メール24時間 相談実施:平日10時~最終20時スタート

相続の相談予約フォーム

LINEでのお問い合わせ

ホーム

メール

LINE

電話での相談予約タップで電話がかかります