預金の使い込み 相続人の1人が生前に多額の預貯金を引き出していたケース

事案の内容

 

 数人の兄弟姉妹の1人が,生前に管理していた親(被相続人)の預貯金から多額の金銭を引き出してしまったという事案です。相談者は預金の取り戻しを請求したいと考え,ご自身で家事調停の申立をしましたが,預貯金を引き出した相続人はきちんと説明しようとせず,裁判所からは調停の取り下げを促されてしまいました。

 

当事務所の活動内容

 当事務所が代理人となり引き出した金銭の返還を求める民事訴訟を提起しました。訴訟の中で,問題の相続人は引き出しの事実を否定したため,預金払戻請求書の署名の筆跡鑑定を実施し,また,被告の預金取引についての文書提出命令の申し立てをし,これが認められて被告の預金取引を開示させることができました。

 

結果

 最終的に約1500万円の勝訴判決を勝ち取ることができました。

 生前に被相続人の預貯金を管理していた人が,勝手に金銭を引き出してしまうという事案はよくあります。この種の事案で勝訴するには,証拠の収集が極めて重要です。金融機関から取引明細や署名筆跡のある書類を取り寄せたり,被相続人の当時の心身の状況を調査するため医療機関や介護施設から診療録や介護記録などを取得します。立証責任は金銭の返還を請求する側にあるため,丁寧な調査と証拠収集,及び,積極的な主張が必要になります。

 

解決事例一覧

相続・遺産分割に関するご相談は初回無料です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

045-227-2238 平日:9:00~19:00(土日応相談)

メール受付

ご相談の流れ

伴法律事務所 『桜木町駅5分、馬車道駅3分