横浜で相続(遺産分割・遺留分)に強い弁護士をお探しの方は、伴法律事務所にご相談ください。桜木町駅4分、馬車道駅4分

横浜の弁護士による 遺産分割・相続トラブル相談

対面・オンライン初回相談 60分無料

電話受付:平日9時~19時 メール24時間 相談実施:平日10時~最終20時スタート

LINEでの
お問い合わせ

収益不動産(アパート・マンション)

収益不動産(アパート・マンション)

不動産取得のために代償金約2500万円を要求されていたもの…

事案の内容  お客様の養親(被相続人)が亡くなり、お客様は被相続人の不動産の取得を希望していました。しかし、被相続人の妻からは不動産取得のため約2500万円の代償金を求められ、話し合いは進まない状況でした。被相続人には遺言があり、財産のほとんどを妻が相続する内容になっていました。しかし、遺言が…
相続財産争点相続人との関係性収益不動産(アパート・マンション)実家など(土地、建物)預金・金融資産遺産分割遺産の使い込み遺言無効養子

事業を継いだ兄弟に銀行融資を利用してもらい代償金5500万…

当事務所に依頼する前の状況  お客様の父親が亡くなり、相続人はお客様と兄弟2人(相手方)の3人でした。兄弟の1人は、お父様から家業である法人を承継しており、その法人は遺産に属する土地建物を本社としていました。また、相手方は遺産に属するを土地や建物を住居として利用していました。  結婚して家を出て…
収益不動産(アパート・マンション)預金・金融資産遺産分割兄弟(姉妹)遺産分割に関する事例相続税に関するトラブル

寄与分の主張を断念させて不動産を共同売却し、約1億5000…

事案の内容  ご依頼者のお母様がお亡くなりになりました。お母様は数千万円の金融資産のほかに、都心部に自宅土地建物を所有しておりました。  相続人は4人の子で、内3名が弊所のご依頼者となりました。ご依頼者はいずれも生前にお母様との関わりがほとんどありませんでした。  相手方の提案する遺産分割方法…
収益不動産(アパート・マンション)預金・金融資産遺産分割その他兄弟(姉妹)遺産分割に関する事例

7000万円しか支払わないという相手から約1億5000万円…

事案の内容  お客様のお母様が亡くなりました。お母様は投資用不動産を複数保有しており、低く見積もっても、金融資産と合わせて合計10億円を上回る遺産を残しましたが、公正証書遺言の存在により、お客様の権利は遺留分のみでした。  お客様は遺留分相当額を金銭で取得することを望んでおりましたが、法改正前の…
収益不動産(アパート・マンション)遺産分割遺留分兄弟(姉妹)遺留分に関する事例

8か月の交渉で年1000万円の賃料を得られる物件を共有取得…

事案の内容 相談者のお母様が亡くなり、もう一人の相続人である長男と遺産分割協議の話合いをすることになりました。お母様の遺産としては、自宅不動産、年間賃料約1000万円の貸地、預貯金があり、相談者は年間賃料約1000万円の貸地の取得を希望していました。 また、長男がお母様の財産管理をしていたことも…
収益不動産(アパート・マンション)預金・金融資産遺産分割兄弟(姉妹)遺産分割に関する事例

遺産全体が分からない状況で遺留分請求をした事例

1 事案の内容  お客様のお母様が亡くなり、相続人はお客様と姉妹2名の合計3名でした。公正証書遺言があり、その内容は財産を妹の一人に全て相続させるというものでした。お客様は、妹に対し、遺留分侵害額請求を行う旨伝えると共に、遺産資料の開示を求めていました。しかし、妹から遺産資料の開示もなければ、お客…
収益不動産(アパート・マンション)遺留分兄弟(姉妹)遺留分に関する事例

約4か月の交渉で代償金を3000万円を5000万円に増額さ…

事案の内容 お客様の両親がお亡くなりになり相続が発生しました。お客様は3人兄弟の1人でした。遺産のほとんどは土地建物で、しかも他の兄弟と両親の共有になっているものが多く、金銭はほとんどありませんでした。 不動産は他の2人の兄弟が使用しているため、お客様は代償金5000万円を受け取ることを希望して…
収益不動産(アパート・マンション)実家など(土地、建物)遺産分割兄弟(姉妹)遺産分割に関する事例

4年間解決できなかった遺産分割協議が、ご依頼後9か月で解決…

事案の内容  お客様のお父様がお亡くなりに、相続人はお客様と母親のきょうだい数人がいました。遺産の中に3箇所の土地があり、うち2箇所は他の相続人が使用していました。また生前に不動産の贈与を受けている相続人がおり、さらに、遺産の範囲に争いがあったため、誰がどの遺産をどのように取得するかについてそれぞ…
収益不動産(アパート・マンション)実家など(土地、建物)預金・金融資産遺産分割兄弟(姉妹)異母(父)兄弟遺産分割に関する事例

遺留分として約2億円を請求されていたものの約6000万円で…

事案の内容  お客様のお父様がお亡くなりになり、お客様は遺言により財産の大部分(多くは土地)を相続しました。そうしたところ兄弟の一人が、弁護士を立てて、お客様に対し遺留分減殺請求をし、お客様に対して調停の申立てをしました。調停の席で、先方は遺留分に基づき約2億円を請求する権利があると主張しました。…
収益不動産(アパート・マンション)実家など(土地、建物)預金・金融資産遺留分兄弟(姉妹)遺留分に関する事例

遺留分減殺請求 不動産を共有名義にしたうたうえで共同売却し…

事案の内容   法定相続人2人のうち1人に全財産を相続させるという内容の遺言があったケースで、もう1人の法定相続人から遺留分(4分の1)について相談を受けました。遺産として不動産があることははっきりしていましたが、預貯金などの金融資産の状況はわかりませんでした。ご相談者は、遺留分権利者としての正当…
収益不動産(アパート・マンション)遺留分その他遺留分に関する事例

解決事例検索

相続・遺産分割に関するご相談は
初回60分無料です。

まずはお気軽にお問合せください。

電話受付:平日9時~19時 メール24時間 相談実施:平日10時~最終20時スタート

伴法律事務所 桜木町駅4分、馬車道駅4分

60分
初回相談
無 料

お気軽にお電話ください

電話受付:平日9時~19時 メール24時間 相談実施:平日10時~最終20時スタート

相続の相談予約フォーム

LINEでのお問い合わせ

ホーム

メール

LINE

電話での相談予約タップで電話がかかります