Q ずっと介護をして面倒を見てきたなど,被相続人(亡くなった方)に貢献してきた相続人は他の相続人よりも多く遺産を取得できるのですか?

A 被相続人の家業に従事したり療養看護をするなど,被相続人の財産の維持や増加に貢献をした相続人には寄与分が認められ,その分遺産を多く取得することができます。

具体的には,最初に遺産から寄与分を引いて,これを寄与分を受け取るべき相続人に渡し,残りの財産を相続人全員に分配します。

しかし,寄与分が認められるためには,被相続人に対する「特別の寄与」があり,被相続人の「財産の維持または増加」がもたらされたことが必要です。

したがって,被相続人との身分関係において通常期待されるような貢献,すなわち通常の寄与では「特別の寄与」がないので寄与分は認められません。また,ヘルパーの費用を節減ができたなど,「財産の維持または増加」があったといえる事情が必要です。

相続・遺産分割に関するご相談は初回無料です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

045-227-2238 平日:9:00~19:00(土日応相談)

メール受付

ご相談の流れ

伴法律事務所 『桜木町駅5分、馬車道駅3分